忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2018/06/21

窓埋めトレードの定義ってナニ?

今週の窓埋め取引中に、ニコ生のFX放送を適当にを流していて面白い話を聞きました。

その日はユロドルで上窓となっていて、僕はSで参戦していたのですが、その放送主の方は「これは窓埋め取引とは言わないですよ」って連呼するんですね。

理由は簡単で、業者によってはかなり早い時間からチャートが動き出すとこありますよね。
そこでは下窓が開いていて、すでに埋めてからさらに上に行ったんだと。
そして7時を迎えたから上窓のように見えるけど、上記の理由でこの上窓は窓ではないから窓埋めトレードとは言わないよ、とおっしゃる訳です。(説明がへたくそでスイマセン....



と思いました。
コメントでも意見が分かれていましたが(放送主さんの人柄もあってか同意の声が多かったですけどw)、僕は結構疑問でした。


ここからは僕の個人的な意見ですが、それなら窓なんて存在しないんでは?と。

だって土日も為替は思惑や実需が絡み合って実レートはすこしずつ変動してる訳ですから、それを全て把握できるなら極端な話、窓は開かないですよね。

何故窓になるかというと、大多数の為替取引参加者が実際に取引できるようになる時間が7時だからで、何故窓埋めが起こるかという理由と全く同じはずです。

取引時間が早く始まることにエッジはもちろんあると思いますが、僕があえてその業者を使っていないのはやはり"使用者が少ない"こととそれに伴って"スプレッドが超広い"ことが挙げられます。


僕が海外業者で窓埋めをしてる理由は、夏時間に6時から取引が始まることです。

それは世界的には6時が一番取引参加者が多いだろうと判断してのことです。

確かに夜中3時の時点で窓が開いていればそれは窓開けだし、埋めれば窓埋めです。
でも夏時間7時の時点で、日本業者スタート時に相応の窓が開いていれば、それも広義での窓開けと呼べると思います。
日本の参加者の心理や注文で、窓埋めチャンスがあるかもしれませんからね。


ダラダラ書きましたが結論を言うと、

「これは窓埋めじゃない」とか「窓埋めはこの業者を使うべし」とかそんなことではなく、窓埋めトレードに何故エッジがあるかを理解して、その特性を活かしてトレードに勝つことこそが重要ですよね!という事です(笑



2011/11/08 窓埋めトレード四方山話 Trackback(0) Comment(0)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME
MAIL
WEB
TITLE
COMMENT
PASSWORD

TRACKBACK

TRACKBACK URL :
窓埋め専用EA
 
 
 
プロフィール
 
HN:
ゆうしゃ
HP:
性別:
男性
職業:
FXゆうしゃ
自己紹介:
FX自動売買でギリギリの生活をしています



メインブログもよろしくね☆

ツイッターはコチラ
 
 
ゆうしゃ使用口座
 
EAを稼働させているのはFXDD!!
完全日本語サポート丁寧&入出金はPayPal可!

なにより.....結果出てます!w


 
 
カテゴリー
 
 
 
最新記事
 
(11/25)
(11/18)
(11/11)
(11/10)
(07/02)
 
 
リンク
 
 
 
窓埋めオススメ海外FX業者
 
サマータイムでも優位に取引可能な海外業者は、キャッシュバックフォレックスから口座開設しましょう!
1cashbacklogosm.png
 
 
窓埋めオススメ国内FX業者
 




 
 
ランキング
 
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ
にほんブログ村 
 
最新CM
 
[06/02 ゆうしゃ]
[06/02 芋の人]
[11/14 ゆうしゃ]
[11/14 shino]
 
 
RSS
 
 
 
アーカイブ
 
 
 
アクセス解析